ユーザ用ツール

サイト用ツール


ゲノム情報に基づく疾患・医薬品・環境物質データの統合

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

ゲノム情報に基づく疾患・医薬品・環境物質データの統合 [2011/12/27 11:11 +0900] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +====== ゲノム情報に基づく疾患・医薬品・環境物質データの統合 ======
 +===== 研究代表者 =====
 +  * 金久 實 先生 (京都大学 化学研究所バイオインフォマティクスセンター 教授)
 +
 +===== 概要 =====
 +ヒトゲノム計画を契機としたハイスループット実験技術の進歩と大量データの生産、それに伴うデータベースの整備により、ライフサイエンス分野の研究は大きく進歩しているが、その恩恵は一般社会にまでは到達していない。そこで本研究開発では、疾患・医薬品・環境物質など社会的ニーズの高いデータを、ゲノム情報を基盤とした生体システム情報として統合し、最先端の研究と一般社会との架け橋となる統合データベース構築を行う。 ​
 +
 +
 +----
 +----
 +===== 担当者編集項目 =====
 +
 +==== オントロジーおよびデータフォーマットの活用(実績、予定、検討中) ====
 +  * 疾患分類:国際疾病分類ICD10、感染症分類、特定疾患分類
 +  * 医薬品分類(医薬品、動物用医薬品)
 +  * 化合物分類(生体物質、内分泌攪乱物質、農薬、発がん物質)
 +  * パスウェイのオントロジー
 +
  
ゲノム情報に基づく疾患・医薬品・環境物質データの統合.txt · 最終更新: 2011/12/27 11:11 +0900 (外部編集)