ユーザ用ツール

サイト用ツール


生命動態システム科学のデータベースの統合化

研究代表者

  • 大浪 修一 先生 (理化学研究所 生命システム研究センター 発生動態研究チーム チームリーダー)

共同研究代表者

概要

生命動態システム科学は「生命を動的システムとして理解し操作する生命科学」であり、新たな生命科学の潮流として21世紀の科学全体への大きな影響が期待されています。この分野の研究では、さまざまな生命現象を対象に、時空間情報の数値化を実現した新しい様式の計測データが大量に生産されています。そのため、本課題ではデータの大規模な集積に向けて、この分野の全てのデータベースの開発と並行してデータベースが統合化される体制を構築します。



担当者編集項目

オントロジーおよびデータフォーマットの活用(実績、予定)

・このプログラムで活用している(する予定の)既存のオントロジーやデータフォーマット形式

・このプログラムで開発する(あるいは予定の)新規のオントロジーやデータフォーマット形式

注目技術

・データベースの統合化、高度な検索機能を実現するために活用している(する予定)、あるいは注目している技術

国際標準化に関する情報

・各分野で行われてる国際的なプロジェクトがある場合、そのプロジェクト名、URL

・各分野で、デファクトスタンダードとなっているデータベースや、オーソリティーが提供するデータベース

生命動態システム科学のデータベースの統合化.txt · 最終更新: 2012/05/18 09:30 +0900 by kushidat