ユーザ用ツール

サイト用ツール


糖鎖統合データベースと研究支援ツールの開発

糖鎖統合データベースと研究支援ツールの開発

研究代表者

  • 成松 久 先生 (産業技術総合研究所 糖鎖医工学研究センター センター長)

共同研究代表者

  • 川嵜 敏祐 先生 (立命館大学 総合理工学研究機構 チェアプロフェッサー・糖鎖工学研究センター長)
  • 山口 芳樹 先生 (理化学研究所 糖鎖構造生物学研究チーム チームリーダー)
  • 山田 一作 先生 (公益財団法人野口研究所 研究部 研究員)

概要

本研究開発では、糖鎖研究領域や糖鎖と係わりの深い再生医療・感染症・癌などの分野の研究者を対象とし、データベースやリソース共有を通して共同研究が活発に行われるように情報基盤の整備を行い、統合を図る。さらに、ウェットの研究支援ツールや実験プロトコルの整備を行う。最終的には、研究者がより多くの情報にアクセスできるようにアジアや欧米のデータベースと国際連携を図り、ユーザの利便性とデータの網羅性を高めることを目標とする。



担当者編集項目

オントロジーおよびデータフォーマットの活用(実績、予定)

・このプログラムで開発する(あるいは予定の)新規のオントロジーやデータフォーマット形式

  •  糖鎖の研究領域で使われている分類方法を利用して整備します。
  •  論文やDB毎に同一構造であっても違う名前が付いていることがあります。構造名のシノニムを整備します。
糖鎖統合データベースと研究支援ツールの開発.txt · 最終更新: 2015/06/29 17:47 +0900 by issaku